音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

ENGLISH
慶應義塾TOP
KEIO NAVI

センター(研究拠点)紹介

HOME > センター(研究拠点)紹介 > 看護ベストプラクティスセンター(SU)

看護ベストプラクティスセンター(SU)

センター長 : 武田 祐子(看護医療学部 教授)
活動拠点キャンパス : 信濃町・湘南藤沢

センター概要

看護医療学部と慶應義塾大学病院・看護部との有機的連携により、基礎教育から高度実践家教育までの一貫した看護教育システム・キャリア開発システムの展開、質の高い看護実践と研究の一体的展開を行う。その成果を慶應義塾大学病院はもとより、広く社会に還元し、看護のベストプラクティスの発展に貢献することを目的として「看護ベストプラクティスセンター」を設置する。
センターにおける活動の柱は、(1)「基礎教育から一貫した看護教育・キャリア開発システムの確立と運用」(2)「看護実践研究の推進」(3)「地域・国際連携(特にアジア)の構築」(4)「患者・家族との連携による"医療の質向上プロジェクト"の推進」である。

キーワード・主な研究テーマ

ベストプラクティス 看護 実践研究 キャリア開発 看護継続教育 地域連携 アジア連携

2010年度事業計画

「看護ベストプラクティスセンター」における活動の柱である、(1)「基礎教育から一貫した看護教育・キャリア開発システムの確立と運用」(2)「看護実践研究の推進」(3)「地域・国際連携(特にアジア)の構築」(4)「患者・家族との連携による“医療の質向上プロジェクト”の推進」について、以下の2 つのプロジェクトを推進する。
2009年度より開始された、文部科学省「看護職キャリアシステム構築プラン」による、大学病院看護部と共同で取り組んでいる『看護職キャリアシステム構築—ジェネラルスト・ナースの発達モデル—』のプロジェクトでは、1.ジェネラリスト・ナースの教育プログラム、2.臨床指導者の育成プログラム、3.多様なキャリアパスの開発・支援、4.「病院—学部」人事交流の各プログラムをスタートさせ、その効果検証を行いながらプログラムの改定を行っていく。
また、高度医療における医療専門職チームの役割分担/協働モデルを実証研究に基づいて開発することを目的として、学部/研究科間の横断的なプロジェクトを立ち上げる。医学、看護学、薬学、情報学の専門性を統合し、各分野が一体となって、医療専門職チームの役割分担/協働の先駆的取り組みに関する実態調査を実施し、医療専門職チームの役割分担/協働モデルと評価ツールの作成、モデルの有効性・適用性に関する実証研究、医療専門職チームの役割分担/協働のための教育プログラムの開発を行う。今年度は、特定の領域を選定し、すでに役割分担/協働の先駆的取り組みをしている事例について、視察やグループインタビュー法による実態調査を行う。調査により、活動内容、役割分担/協働の内容と評価、各医療職者の教育トレーニング、実践上の課題、情報共有の方法等を調査し、役割分担/協働が効果的に機能している点やその要因、医療職種間のコミュニケーション・情報共有ネットワークの正確さや効率性、課題等を明らかにする。

2009年度事業報告

看護医療学部と大学病院・看護部との有機的連携により、基礎教育から高度実践家教育までの一貫した看護教育システム・キャリア開発システムの展開、質の高い看護実践と研究の一体的展開を行い、その成果を慶應義塾大学病院はもとより、広く社会に還元し、看護のベストプラクティスの発展に貢献することを目的として「看護ベストプラクティスセンター」を設置した。センターにおける活動の柱は、(1)「基礎教育から一貫した看護教育・キャリア開発システムの確立と運用」(2)「看護実践研究の推進」(3)「地域・国際連携(特にアジア)の構築」(4)「患者・家族との連携による“医療の質向上プロジェクト”の推進」である。
2009年度は、上記(1)(2)中心に活動を展開した。
  1. 「基礎教育から一貫した看護教育・キャリア開発システムの確立と運用」については、文部科学省「看護職キャリアシステム構築プラン」に病院看護部と共に『看護職キャリアシステム構築—ジェネラルスト・ナースの発達モデル—』を申請して採択され、1.専門職としてのジェネラリスト・ナースの成長発達を細やかに支援する教育プログラム、2.臨床指導者の育成プログラム、3.多様なキャリアパスの開発・支援、4.「病院—学部」人事交流を柱として、各ワーキンググループでプログラムの開発に着手している。2009年度は、5年計画の一年目として、センターの主な役割である教育技法・指導技術の検証など、各プランの効果測定・調査についての準備を行っている。
  2. 「看護実践研究の推進」については、その活動基盤の形成のため、平成22年度 戦略的研究基盤形成支援事業に『高度医療における医療専門職チームの協働体制基盤を強化するための実証的研究』の申請準備を行った。

所員

兼担

  • 太田喜久子(看護医療学部教授)
  • 小林正弘(看護医療学部(信濃町)教授)
  • 武田祐子(看護医療学部(信濃町)教授)
  • 野末聖香(看護医療学部(信濃町)教授)
  • 宮脇美保子(看護医療学部 専門  教授)
  • 茶園美香(看護医療学部(信濃町)准教授)
  • 安田恵美子(看護医療学部 専門  准教授)
  • 平井元子(看護医療学部(信濃町)助教(有期))
  • 三谷智香子(看護医療学部 専門  助教(有期))
  • 高田幸江(看護医療学部(信濃町)助教(有期))
  • 三上れつ(看護医療学部  教授)
  • 大谷俊郎(看護医療学部(信濃町)教授)
  • 小池智子(看護医療学部  准教授)
  • 新藤悦子(看護医療学部(信濃町)准教授)
  • 末安民生(看護医療学部(信濃町)准教授)
  • 朴順禮(看護医療学部 専門  専任講師)
  • 中村昌子(看護医療学部 専門  助教(有期))
  • 高梨あさき(看護医療学部 専門  助教(有期))
  • 上野いづみ(看護医療学部(信濃町) 助教(有期) )

研究員

  • 佐藤寧子
  • 福田紀子

↑PAGE TOP

Copyright © Keio University. All rights reserved.