音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

ENGLISH
慶應義塾TOP
KEIO NAVI

センター(研究拠点)紹介

HOME > センター(研究拠点)紹介 > モビリティカルチャー研究センター(SU)

モビリティカルチャー研究センター(SU)
Mobility Culture Research Center

センター長 : 重野 寛(理工学部教授)
活動拠点キャンパス : 新川崎

センター概要

モビリティを中核として高齢者の社会活動参加への移動、災害対応での避難、自動運転、道路交通における省エネルギーやCO2排出削減など技術/社会基盤を含めた移動のコンセプトを「モビリティカルチャー」と名付け、安心・安全・利便性が高く環境に配慮したモビリティの構築に向けた研究を行う。社会を取り巻く環境は急激な変化をとげ、モビリティに関しても変貌する社会への新たな課題が山積している。今後、社会実装されてくるモビリティに関連する諸課題に対して、特に、地域社会や利用する人間の立場からの視点を取り入れ、これまでの研究経験に加え、機械学習や5G情報通信などの技術を含む多様な分野の総合的なアプローチにより取り組む。

キーワード・主な研究テーマ

モビリティ,ITS,自動運転,HMI,道路交通管理,災害情報システム,エネルギ・ネットワークシステム,人工知能,国際標準化

2017年度事業計画

(1) 自動運転システムの地域社会への導入

 観光地の大型駐車場を対象として自動運転小型バスの導入と、このための施設を拠点として中山間地域での新しいモビリティの検討を行う。また、自動運転車両と人、バイク、車等、周辺環境の相互作用に関するHMIに研究を行う。

(2) ITSの高度化と道路交通管理

 近い将来、CACC (Cooperative Adaptive Cruise Control) や自動運転車両が混在する状況が想定され、このような状況での道路交通管理のあり方を議論する。また、コネクテッドカーや5G技術の実用化が道路交通管理システムに与える影響に関する調査研究を行う。

 (3) ITS等における国際標準化活動

避難行動や救済活動を支援する情報収集・デシジョン支援・確実な通信網を持つVHUB  (Vehicle Hub) システムについての研究を進めるとともに標準化活動を行う。ASTAP, ITUへの提案とともに「路側機器を用いた大型商用貨物車の走行管理サービス」についても最終ドラフトを完成させるために継続して活動する。ISO/TC204(ITS)における国際標準化活動の一端として継続する。


所員

所員(兼担)

重野 寛 理工学部 情報工学科  教授
山口 高平 理工学部 管理工学科  教授 
大門 樹 理工学部 管理工学科  教授 
西 宏章 理工学部 SD工学科  教授 
大前 学 大学院 政メ研究科  教授
森田 武史 理工学部 管理工学科  専任講師 (有期)

所員
秋月 俊五 先導研究センター 共同研究員
太田 純 先導研究センター 共同研究員
鎌田 讓治 先導研究センター 共同研究員
川嶋 弘尚 先導研究センター 共同研究員
國府方 久史 先導研究センター 共同研究員
古和 義治 先導研究センター 共同研究員
福井 良太郎 先導研究センター 共同研究員

 

↑PAGE TOP

Copyright © Keio University. All rights reserved.