音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

ENGLISH
慶應義塾TOP
KEIO NAVI

センター(研究拠点)紹介

HOME > センター(研究拠点)紹介 > 超成熟社会創造オープン研究センター(SU)

超成熟社会創造オープン研究センター(SU)
Open Research Center for Development of Super Mature Society(SU)

センター長:山中 直明(理工学部 教授)
活動拠点キャンパス:矢上

センター概要

 慶應義塾大学先導研究センター内に設置する超成熟社会オープン研究センターは、日本が世界に先駆けて直面する「超成熟社会」における新しい社会システムを、慶應義塾の文系・理系を融合し、且つ日本電信電話株式会社(NTT)との産学連携研究をコアとして、広く国内外のアクティビリィと融合していくコンソーシアム型オープンラボラトリーである。

キーワード・主な研究テーマ

超成熟社会、ICT、ユビキタス、ロボット、ビッグデータ

2017年度 事業計画

■活動内容について、継続する背景・根拠と目標
■2016年度より継続する活動内容について、継続する背景・根拠と目標
現在、QoLの高いシニア社会(1テーマ)、健康寿命の延長の支援型研究(1テーマ)、労働力の質の向上・創造型社会の創出(2テーマ)で実施しているが、本年度はさらに1テーマ加えたい。

■2017年度の新規活動目標と内容、実施の背景
本年は、サステーナブル社会として1テーマ加えたい。そのため、SFCとの共同研究も視野に入れている。
 

2016年度 事業報告

当該年度事業計画に対する実施内容、および研究成果と達成度
1. センサーネットワーク技術による安心社会の創造
 ユビキタス社会のセンサーとそのネットワークを利用して、例えば老人介護や犯罪の未然防止などをリアルタイムで実現する
2. イノベーション技術ハブティクスによる新しい社会
 慶應義塾の有するハブティクス技術を応用して、遠隔医療だけでなく、各種コミュニケーションと仮想体験によるイノベーション法をさぐる
3. 画像処理技術とコンピュータを用いた新しいQoLの向上
 現在、最も発展の著しい技術の一つ、画像処理技術を応用して、例えば、バーチャルトラベルをサービスとして出す。老人が新婚旅行で行った旅先をリアルタイムで見て、クリックすると当時の写真や街並みが再現できる。場合によっては、子供たちとリアル/バーチャル同時旅行をする。
4. スマート社会創造
 ICTを用いた、スマートな社会の創造の国際連携プログラムを目指す、UVA(米国)、テレコムブリュターニ(フランス)といったグローバルスマート社会創造プロジェクトとの連携を図りながら未来をデザインする。今年は、オーストラリアでスマート社会の公開ワークショップを開催すると同時に、米国ダラスとバージニアにおいて、慶應/UTD、慶應/UVAのジョイントワークショップを開催した。
5. B2B2Cビジネス創造のIoTインフラストラクチャ
 IoTのコンテンツを検索発見する、コンテンツセントリック、IoTのデータの利用を制御するAuthenticationやsecretlyさらに、コンテンツをトレードするトランザクションや課金、ビジネスモデル、政策を研究する

公刊論文数(件数と主たる公刊誌名)、学会発表件数(国内・国際)、イベントなど社会貢献の実績(年月日、場所)
山中直明(センター長)
Seydou Ba, Bijoy Chand Chatterjee, Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka, Andrea Fumagalli, Eiji Oki, ``Route Partitioning Scheme for Elastic Optical Networks with Hitless Defragmentation,'' Journal of Optical Communications and Networking (JOCN), Vol. 8, No. 6, pp. 356-370, June 2016. 他5件
国際会議 Naoaki Yamanaka, Satoru Okamoto, Yukihiro Imakiire, Mai Arase, Eiji Oki, Malathi Veeraraghavan, ``The ACTION project: Application Coordinating with Transport, IP and Optical Networks(Invited),'' ICTON2016, No. Th.B4.2, July 2016. 他16件

センター活動を通じて特に成果を挙げた事柄
NTT厚木R&Dセンターにおいて、NTT研究所とjointのシンポジウムを開催した。経済学部の斉藤教授にプレナリーをしてもらい、慶應からは、理工学部教授の斎藤、今井、杉本、山中、KMDのカイ・クンジュ教授、SFCも参加してもらい、その後、研究設備を見学した。

所員

所員(兼担)
山中 直明 理工学部 情報工学科 教授
今井 倫太 理工学部 情報工学科 教授
大槻 知明 理工学部 情報工学科 教授
大西 公平 理工学部 システムデザイン工学科 教授
斎藤 英雄 理工学部 情報工学科 教授
重野 寛 理工学部 情報工学科 教授
西 宏章 理工学部 システムデザイン工学科 教授
杉本 麻樹 理工学部 情報工学科 准教授
杉浦 裕太 理工学部 情報工学科 助教
徳田 英幸 環境情報学部 教授
齋藤 潤 商学研究科 特任教授
仰木 裕嗣 政策・メディア研究科 准教授
神武 直彦 システムデザイン・マネジメント研究科 准教授
砂原 秀樹 メディアデザイン研究科 教授  
南澤 孝太 メディアデザイン研究科 准教授  
カイ・クンツェ メディアデザイン研究科 准教授  

↑PAGE TOP

Copyright © Keio University. All rights reserved.