音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

ENGLISH
慶應義塾TOP
KEIO NAVI

センター(研究拠点)紹介

HOME > センター(研究拠点)紹介 > 人工知能・ビッグデータ研究開発センター

人工知能・ビッグデータ研究開発センター
Research Center for Artificial Intelligence and Big Data

センター長:山口 高平(理工学部教授)
活動拠点キャンパス:矢上

センター概要

 CREST「実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践」と科研費基盤Aにおいて、知識推論,音声対話,画像センシング,動作,機械学習(深層学習を含む)という5種類の要素知能を統合することにより、人と共進できる多様な総合知能を構築するプラットフォームについて検討する。
 実践面では、ロボットOSであるROSとストリーム推論に基づき、実践知能アプリケーション開発プラットフォームPRINTEPSを高度化し、400個以上のSWモジュールを備えたPRINTEPS Ver.2を公開し、PRINTEPSのユーザコミュニティを形成することにより、社会に貢献することを目標とする。

キーワード・主な研究テーマ

人工知能、画像センシング、知能ロボット、ビッグデータ

2018年度 事業計画

■前年度より継続する活動内容について、継続する背景・根拠と目標 
 現在、PRINTEPSで実現する知能化要素技術は6種類(知識推論、音声対話、継続対話、人と物体の画像センシング、手足の知的動作、機械学習(これは全員に関連する))であるが、各要素知能が単純に連結されているレベルに留まっているため、各要素知能間の双方向・複数回、相互作用させ、より魅力的なサービスを実現する。

2018年度の新規活動目標と内容、実施の背景
 昨年からトヨタ自動車とHSR(Human Support Robot)に関連した共同研究を開始し、今年度も継続する予定である。
 また、研究調査「自動/手動運転混在時の交通システム開発時におけるPRINTEPSの利用」が、JST未来社会創造事業(探索加速型)特定課題調査(H29.11-H30.3)に採択されたので、これを実績にして、平成30年度JST未来社会創造事業に応募する予定である。

2017年度 事業報告

■当該年度事業計画に対する実施内容、および研究成果と達成度
 PRINTEPSの応用例として、(1)杉並区立浜田山小学校と開智望小学校において、理科実験授業「振り子の仕組み」を実施した。授業を支援する人型ロボット(Pepper, Nao)、実験を補助するロボットアームJACO2、生徒の顔の向きから測定した授業集中度に依存して顔の表情が変化するFurhatなどを利用し、未来の教室を具現化した。(2)詳細な接客サービス知識をアジャイルにロボットに反映できるマルチロボット連携システムを開発し、有料のロボット喫茶店を大学祭で開店し、2日間で約100名の来店客があり、テレビニュースにも取り上げられた。

■公刊論文数(件数と主たる公刊誌名)、学会発表件数(国内・国際)、イベントなど社会貢献の実績(年月日、場所)
(1) Shunsuke Akashiba, Chihiro Nishimoto, Naoya Takahashi, Takeshi Morita, Reiji Kukihara, Misae Kuwayama, Takahira Yamaguchi: Implementation of Teacher-Robot Collaboration Lesson Application in PRINTEPS. KES2017, pp.2299-2308
 
(2) Kodai Nakamura, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi: A User-Centric Platform PRINTEPS to Develop Integrated Intelligent Applications
and Application to Robot Teahouse. KES2017, pp.2309-2318
 
(3) Shunsuke Akashiba, Chihiro Nishimoto, Naoya Takahashi, Takeshi Morita, Reiji Kukihara, Misae Kuwayama, Takahira Yamaguchi: Development of applications for teaching assistant robots with teachers in PRINTEPS.  Web Intelligence 2017, pp.1184-1190
 
(4) Kodai Nakamura, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi: PRINTEPS for development integrated intelligent applications and application 
to robot teahouse. Web Intelligence 2017, pp.1199-1206

所員

所員(兼担)
山口 高平 理工学部 管理工学科 教授
大門 樹 理工学部 管理工学科 教授
鈴木 秀男 理工学部 管理工学科 教授
河野 健二 理工学部 情報工学科 教授
斎藤 英雄 理工学部 情報工学科 教授
萩原 将文 理工学部 情報工学科 教授
村上 俊之 理工学部 システムデザイン工学科 教授
柿沼 康弘 理工学部 システムデザイン工学科 准教授
桂 誠一郎 理工学部 システムデザイン工学科 准教授
高橋 正樹 理工学部 システムデザイン工学科 准教授
稲田 周平 理工学部 管理工学科 准教授
森田 武史 理工学部 管理工学科 専任講師(有期)
山本 勲 商学部 専門 教授
余田 拓郎 経営管理研究科 教授
神武 直彦 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
小篠 裕子 大学院 理工学研究科 特任助教(有期)(研究)
萬 礼応 大学院 理工学研究科 特任助教(有期)(研究)


↑PAGE TOP

Copyright © Keio University. All rights reserved.