音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

ENGLISH
慶應義塾TOP
KEIO NAVI

センター(研究拠点)紹介

HOME > センター(研究拠点)紹介 > 水分子の生命科学・医学研究センター

水分子の生命科学・医学研究センター
Center for Water Biology and Medicine

センター長 : 安井 正人(医学部教授)
活動拠点キャンパス : 信濃町

センター概要

我々は「Water Biology(水分子の生物学)」という斬新な概念を提唱し、生命現象を水分子動態から包括的に理解しようとしている.本センターは、「水」という共通テーマに対して、物理化学、生物学、医学の最先端の知識、技術を融合することで、生体における水分子動態の物理化学的理解を深め、生物学・医学的への応用を目指している。


キーワード・主な研究テーマ

水分子、アクアポリン、MRI、多光子顕微鏡、近赤外分光、分子動力学計算

2018年度 事業計画

■前年度より継続する活動内容について、継続する背景・根拠と目標 

(I) 水を観るプロジェクト:
モルモット膵管二重還流をCARS顕微鏡で観測し、前年度に引き続き、経細胞水移動と細胞間水移動を定量的に解析することを試みる。経上皮水の移動の定量化を目標とする。

 

(II) 水を知るプロジェクト:
シミュレーションモデルを用いて生体内における水動態の統合的理解を目指す。昨年度に完成されていたモデルの精度向上と実用化を試みる。すなわち、水負荷や塩負荷時の変動を変動を予測する。


■2018年度の新規活動目標と内容、実施の背景

(III) 水を操るプロジェクト:

(1)老化に伴うAQP2の制御機構の変化とそのメカニズムの解明を目指す。
具体的には、
 1)マウスの発達・加齢によるAQP2の発現・局在、バソプレッシンによる反応性の変化を検討する
 2)慢性的な水負荷時における、AQP2の発現・局在への影響を検討する。
AQP2は哺乳類における生体水バランスの最も重要なアクアポリンである。今回はライフサイクルという時間軸でその変化を解析していく。

(2)AQP4の制御機構と脳のリンパ流の生理と病理の解明を目指す。

 具体的には、
 1)マウスの発達・加齢によるAQP4の発現・局在の変化を捉える
 2)AQP4欠損マウスを用いて、脳実質の拡散や対流の変化を観測する
 3)AQP4欠損マウスをアルツハイマーモデルと掛け合わすことで、アルツハイマー病病理におけるAQP4の役割を解明する。
脳リンパ流と神経変性疾患の関連に関しては、現在神経科学における最もホットな話題であり、その一端を解明することは、大変意義がある。

2017年度 事業報告

当該年度事業計画に対する実施内容、および研究成果と達成度
 (I) 水を観るプロジェクト:
モルモット膵管二重還流をCARS顕微鏡で観測し、経細胞水移動と細胞間水移動を定量的に解析することを試みた。試行錯誤を重ねる中で、膵管二重還流はほぼ問題なく行うことができるようになった。更に、管腔内の水のCARSシグナルを得ることにも成功した。最終目的である細胞間の水の移動を観察するためには、より高倍率の対物レンズを用いてCARSシグナルの最適化を進めていく必要がある。
 (II) 水を知るプロジェクト:
(1)排卵日予測に向けた、月経周期における女性ホルモン変動と皮膚の近赤外光スペクトルの相関関係解析:月経周期と年齢の相関を調べ、かつホルモンデータから排卵日を特定することで、黄体期の長さに年齢依存性がある可能性を示した。また、角質水分量と経皮蒸散量の変化の方向が同じ期間と異なる期間が存在し、差分を見ることで、皮膚の状態が安定したコンディションの時期を見いだすことができた。
(2)シミュレーションモデルをもちいた生体内での水動態の統合的理解:昨年度末に完成されていたWhole Body Water dynamics simulation program ver.5 (WBW5)に、
  i)心拍出系への拍動流の導入 (WBW6)
  ii)大動脈および大静脈のマルチセグメント化(WBW7)を行った。
その結果、大動脈内圧については、拍動およびセグメントに沿った最大血圧ピークの遅れと拍動圧の低下を再現するのに成功した。また、大静脈内圧については、微小な拍動圧を伴った軽度の陰圧の再現に成功した。
 (III) 水を操るプロジェクト:
AQP7の脂肪分解における役割の解析を進めた。その結果、
(1)CGI-58は Aqp7を脂肪滴上のERへエスコートする
(2)Aqp7 の脂肪滴局在化によって、FSP27は脂肪滴から解離する
(3)AQP7とFSP27 の排他的な局在化は、LDの膜輸送により制御されることを発見した。
いずれのプロジェクトも当初の目標を概ね達成することができた。

公刊論文数(件数と主たる公刊誌名)、学会発表件数(国内・国際)、イベントなど社会貢献の実績(年月日、場所) 
6件(下記)
主たる公刊誌名: Biochem. Bioph. Anal. Chim. Acta. , Phys Chem Chem Phys. ,  FEBS Lett. Neurosci Res. and Science Adv.
①Background norepinephrine primes astrocytic calcium responses to subsequent norepinephrine stimuli in the cerebral cortex.  Nuriya M, Takeuchi M and Yasui M. 
②Improving Accuracy and Reproducibility of Vibrational Spectra for Diluted Solutions.
Kojic D, Tsenkova R and Yasui M. 
③Effects of temperature, concentration, and isomer on the hydration structure in monosaccharide solutions. Tomobe K, Yamamoto E, Yasui M and Yasuoka K. 
④ The Dual Effects of the Astrocyte-Specific Enhancer of the AQP4 M1 Promoter. Abe Y, Goda W, Ikeshima-Kataoka H, and Yasui M.
⑤Dissociation of blood-brain barrier disruption and disease manifestation in an aquaporin-4-deficient mouse model of amyotrophic. Watanabe-Matsumoto S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Yamanaka K, Abe Y, Yasui M, and Misawa H. 
⑥Origin of the blueshift of water molecules at interfaces of hydrophilic cyclic compounds. Tomobe K, Yamamoto E, Kojic D, Sato Y, Yasui M, and Yasuoka K.
 
〇学会発表件数(国内・国際)
学会発表件数:4件(国内・国際)
① "Roles of AQP4 in neurodegenerative diseases." By Yasui M., At the special seminar at Johns Hopkins University (USA), Aug. 29, 2017
② "Pathological roles of aquaporin-4(AQP4) in neurodegenerative diseases." By Yasui M., At the special memorial lecture at Peking University Health Science Center (China), Oct. 10, 2017 
③ "Water Biology and Medicine; roles of aquaporins." By Yasui M., At The First International Symposium on Sophisticated Coupling and Integration of Genius+Kernel Technologies(GKTEC) (France), Nov. 23, 2017 
④ "CARS顕微鏡を用いた細胞/組織水拡散の計測" 安井正人 於: 第15回医用分光学研究会(筑波)、 2017年11月29日

センター活動を通じて特に成果を挙げた事柄 
   
コンピューターシミュレーションによる解析が進み、実測で得られた実験結果の解釈が深まったことは大きな成果であった。

所員

所員(兼担)
安井正人 医学部(薬理学) 教授 
天谷雅行 医学部(皮膚科学) 教授
岡村智教 医学部(衛生学公衆衛生学) 教授
陣崎雅弘 医学部(放射線診断学) 教授 
坪田一男 医学部(眼科学) 教授 
中村雅也 医学部(整形外科学) 教授
塗谷睦生 医学部(薬理学) 准教授
阿部陽一郎 医学部(薬理学) 専任講師(学部内)
竹馬真理子 医学部(薬理学) 専任講師(学部内)(有期・医学部)
コイッチ,デュサン 医学部(薬理学) 特任講師(有期)(研究/教育)
相馬義郎 医学部(薬理学) 医学部客員教授
田中冴 医学部(薬理学) 助教(有期・医学部)
石川智愛 医学部(薬理学) 助教(有期・医学部)
ツェンコヴァ,ルミアナ 医学部 客員教授
芦刈俊彦 医学部 客員准教授
佐藤洋平 理工学部 SD工学科 教授
泰岡顕治 理工学部 機械工学科 教授

所員
田中愛美 先導研究センター 研究員
中島克 先導研究センター 共同研究員
中村友美 先導研究センター 共同研究員
水間桂子 先導研究センター 共同研究員
矢野伸二郎 先導研究センター 共同研究員

訪問学者
加納英明 先導研究センター 訪問准教授



↑PAGE TOP

Copyright © Keio University. All rights reserved.