音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

ENGLISH
慶應義塾TOP
KEIO NAVI

センター(研究拠点)紹介

HOME > センター(研究拠点)紹介 > 医工薬コモンズ

医工薬コモンズ
Keio Medical and Pharmaceutical Science and Engineering Commons(MPEC)

センター概要

近年、科学技術が直面する課題に対して、細分化した個別の学問分野でこれらの問題解決に対応することに限界が生じている。特に、急速に高度化する医療を支えるためには、医工薬が連携して問題解決することが、将来の医療技術の発展のためには必要不可欠である。慶應義塾大学は、医学部、理工学部、薬学部を有する総合大学であるが、これまでに学内の連携プロジェクトも進められてきたが、個別の共同研究にとどまっている。このため、医工薬コモンズは、医工薬連携を自発的に生み出すような体制を目指した、融合研究の基盤構築を目指している。

キーワード・主な研究テーマ

医工薬連携、再生医療・組織工学、神経科学・リハビリ、バイオメカニクス・計算工学、バイオドラッグデバイス、バイオメディカルイメージング、レギュラトリーサイエンス
 

2018年度 事業計画

■前年度より継続する活動内容について、継続する背景・根拠と目標
(1)医工薬連携による学部横断研究の推進
ヒューマンケア医療という共通の目標のもと、継続して医工薬連携による共同研究に取り組む。
 
(2)定期的な医工薬連携ワーキンググループの開催
2017年度と同様に医工薬コモンズ定例会議を開催し、共同研究、研究費の申請、インキュベーションラウンジの企画・運営に取り組む。特に、2017年度から開始した臨床推進研究センターTR部門との連携を強化し、学内の医工薬連携を活性化させる仕組みを検討する。

■2018年度の新規活動目標と内容、実施の背景
(1)医工薬連携による融合研究の推進
定例会議において新たな研究グラントへの申請を検討するとともに、学内の継続的な医工薬連携プラットフォームの仕組みを検討する。
 
(2)医工薬連携の活性化アクション
2017年度から開始した臨床推進研究センターTR部門との連携を強化し、学内んお医工薬連携を活性化させる具体的なアクションプランを検討する。
 


2017年度 事業報告

■当該年度事業計画に対する実施内容、および研究成果と達成度

(1)医工薬連携による融合研究の推進
ヒューマンケア医療という共通の目標のもと、医工薬連携による共同研究を行ってきた。具体的には、医工薬の研究者が連携してAMED再生医療拠点ネットワーク事業を推進している。また、医学部、理工学部、薬学部の講師が集まり、医工薬融合研究を促進するためのシンポジウムを定期的に主催している。本シンポジウムでは毎回3学部から講師を1人ずつ招いている。

(2)定期的な医工薬ワーキンググループの開催
2~3か月に1度の頻度で医工薬コモンズ定例会議を開催し、学部横断的な共同研究、研究費の申請、医工薬連携の仕組みについて議論した。特に、2017年度は臨床推進研究センターTR部門とも連携し、学内の医工薬連携を活性化させる仕組みについて議論した。


■公刊論文数(件数と主たる公刊誌名)、学会発表件数(国内・国際)

(1)医工薬連携プラットフォームサイトの移設および運営

  http://keio-mpec.umin.jpを運営している。
  上記ウェブサイトより医工薬コモンズの活動情報を発信している。

(2)医工薬連携シンポジウムの開催

    4か月に一度、医学部、理工学部、薬学部の3キャンパスを巡回して開催し、学部横断的な共同研究をインキュベーションしている。
    第15回インキュベーションラウンジ(2017年7月4日、信濃町キャンパス 新教育研究棟1階 組織実習室)
   http://keio-mpec.umin.jp/event/20170704.html
  第16回インキュベーションラウンジ(2017年11月14日、日吉キャンパス 来往舎2階 大会議室)
   http://keio-mpec.umin.jp/event/20171114.html
  第17回インキュベーションラウンジ(2018年3月7日、芝共立キャンパス 1号館地下1階 マルチメディア講堂)


■センター活動を通じて特に成果を挙げた事柄
医工薬連携の共同研究を育むプラットフォームの形成が軌道に乗ってきた。また、各キャンパスで巡回して開催している医工薬連携シンポジウム(インキュベーションラウンジ)を基に、新たなニーズとシーズを生み出すことに成功している。具体的には、インキュベーションラウンジで講演をされた教員同士から学部横断的な共同研究が生まれ、グラント獲得にもつながっている。この点で、総合大学であることの強みを生かしたセンター活動が行われているといえる。高度医療のみならず、理工学や薬学分野の研究においても、今後の学術の動向として学際領域が重要であることは間違いないため、医工薬コモンズの活動は今後さらに重要となってくると考えられる。特に、2017年度は臨床推進研究センターTR部門とも連携し、学内の医工薬連携を活性化させる仕組みについての議論を開始した。
 


所員

所員(兼担)

貴志和生 医学部 形成外科学  教授 
荒牧典子 医学部 形成外科学  専任講師(学部内)
八木洋 医学部 外科学(一般・消化器)  専任講師(学部内)
和田則仁 医学部 外科学(一般・消化器)  専任講師
荒井恒憲 理工学部 物理情報工学科 教授
荻原直道 理工学部 機械工学科 教授
宮田昌悟 理工学部 機械工学科 准教授
須藤亮 理工学部 システムデザイン工学科 准教授
寺川光洋 理工学部 電子工学科 准教授
蛭田 勇樹 理工学部 応用化学科 専任講師
漆原尚巳 薬学部 薬学科 教授
登美斉俊 薬学部 薬学科 教授 
金澤秀子 薬学部 薬科学科  教授 
長瀬健一 薬学部 薬科学科  准教授

↑PAGE TOP

Copyright © Keio University. All rights reserved.